赤ちゃんを飛行機に乗せるときに仮設ベビーベッド(バシネット)を使う方法

家族旅行

家族の一大イベント、我が子初めての飛行機搭乗。
生後8日以降から飛行機には乗れるとは言え無事耳抜きできるか、泣きわめいて周りにご迷惑をかけないか、などなど親は相当緊張して気が気ではないですよね。

生後7カ月で私の九州の実家への初フライトを経験しましたが、その時に仮設のベビーベッドを用意してもらいおよそ2時間、何事もなく静かに機内で過ごすことができました。
同じように初めての飛行機どうしようと心配しているご夫婦のお役に立てれば嬉しいです。

ANA国内線では事前予約にて赤ちゃん用ベッド(バシネット)を利用可能

初めて飛行機に乗ったのは羽田→長崎便でしたが、事前に問い合わせ窓口に電話しておいたのでスムーズに仮設ベビーベッド(バシネット)を利用させてもらうことができました。
事前搭乗して席につくなり、CAさんがスムーズに数分でバシネットを設置してくれました。
国際線でも同様に利用できるとのこと。

ただ数に限りがあるのと、子どもの体重が10kg未満といった縛りがありますので事前に利用可能か要確認です。
メールやチャットでの問い合わせもできますが、電話が一番早くて確実です。

バシネットの留め具が付けられる座席が限られており、私達の場合は割と足元にゆとりがある中列の真ん中の席前に設置してもらいました。
機内用毛布がくっついてくるので手触りはやわらかく寝返りもうてるくらいの横幅がありました。

離陸直後にミルクをあげたあと、コテっと寝てくれました。
赤ちゃんセンベイも使えました。

ミルクの粉と哺乳瓶を持参すれば、お湯を入れてもってきてもらえます。
お茶などを持参する場合は、事前に圧抜きするとよいです。

もらってうれしいANAの知育おもちゃ

国旗や動物が描かれた知育トランプや飛行機風船、お絵かき用ホワイトボードなど時期によって異なりますが毎回2種類のおもちゃから1種類選ぶことができます。
特にトランプは絵でいろんなものを覚えることができるので、かなり重宝しています。

ANA便搭乗でもらえるおもちゃ

JAL便は国際線のみ赤ちゃん用ベッド(バシネット)を利用可能

JAL国内線は、赤ちゃん用ベッドの用意はなくチャイルドシートのみで対応とのこと。首の座っていない乳幼児期には抱っこして乗せるしかないようです。
国際線ではベッドの用意があります。

池田佳紀

同世代の共働き夫婦にお役に立てるような日々の子育て・節約実践記を心がけています。マラソン・トライアスロンブログも更新中。東京都在住の九州人/早稲田。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧