九州在住ならQTモバイルとOCNモバイル、どちらの格安SIMがオトク?

九州在住で光インターネット回線BBIQ(ビビック)を使っている方は多いですよね。
九州電力のグループ会社のQTNetが運営しているサービスなだけあってシェア率も高いです。

そんなBBIQの格安SIMサービスQTモバイルと、私が今使っているOCNモバイルONEはどちらがオトクなのか比較しました。
九州の両親のスマホ代が使用量に対して明らかに高い料金になっており、解約月に解約手数料を支払わずうまく乗り換えする方法についてシミュレーションしています。




川口春奈さんテレビCMのQTモバイルとOCNモバイルONE、光回線セット割の中身を比較

今回QTモバイルとOCNモバイルONE、2つのMVNO格安SIMを比較対象した理由について。

九州の実家ではBBIQの光回線で5年縛り契約の3年目にあり回線品質も問題なく使えており、最近「あなたのスマホそのままで」という川口春奈さんの九州ローカルテレビCM出稿量がものすごくBBIQの格安SIM「QTモバイル」について本格的に興味を持ちはじめたようで。

私は以前から両親のスマホ代が明らかに高いのを知っており見るに堪えない状態だったので、なんとかして格安SIMに乗り換えて節約してほしいと帰省の度に訴えていました。

最初は私もBBIQがやっているMVNOならセット割もありそうで困ったら店舗にも行けるし安心して使えるのではと思っていましたが、電話にて問い合わせてみたところそこまでQTモバイルは今現在の電話インターネットはほとんど使わずLINE通話のみ、自宅ではwifi回線という省エネな使い方では価格面でのメリットがなさそうなのではという結論にいたりました。
あと店舗はあくまでスマホ端末展示や初期契約がメインでSIMの初期設定や故障対応などはすべてオプション料金がかかってしまうというのも釈然としませんでした。

あくまで私の実家のケースであり通話をよくする、これからスマホデビューするという方にはQTモバイルはおすすめのMVNOなのであしからず。

一方、私が契約しているNTTコミュニケーションズのOCNモバイルONEはOCN光モバイル割を使えば1端末あたり月々の利用料が200円安くなるので、来年夏の解約月にOCNモバイルONEに乗り換えてもらうことにしました。
私が帰省時に直接MNP(乗り換え)からSIMの初期設定までしてしまおうと思います。

「BBIQキャッシュバックサービス」は端末が安く買えるのでスマホデビューにはおすすめ

BBIQのインターネット回線を利用していて、これからスマホデビューしたいという方、店舗に直接出向いて初期設定をすべてしてもらいたい方にはQTモバイルもありかもしれません。
iPhone6sやAQUOS SH-M05などの対象のスマホ端末が10%割引で買うことができます。またBBIQ特選ショップで5%割引で買い物ができるとのこと。
ただ、直接スマホ回線通信費が値引きになるというサービスでは無いようです。
私の両親はすでにスマホを保有しているので当分買う予定はないですし、BBIQ特選ショップの商品ラインナップは5%引きにしても価格comの最安値より高く正直インパクトに欠けました。
当然割引があるものだと思っていましたので、若干肩透かし気分になりました。

BBIQキャッシュバックサービス

「OCN光モバイル割」は5回線まで月々スマホ通信費が200円割引。明朗会計でわかりやすい。

私は東京でOCN光回線を利用しているのですが、「OCN光モバイル割」というスマホ代金セット割引を活用して私と妻の回線費用はそれぞれ200円引きしてもらってます。
2回線で年間4,800円割引です。




OCNモバイル割は家族など最大5回線まで割引が効くそうなので、残り回線を有効活用して両親の回線分も割引を適用してもらおうと考えています。
居住地等にかかわらず家族であれば割引が効くとのことなので使わない手はないですね。

現在実家の通信費が7000円くらいとのことなのですが、おそらく半額近くまで下げられると思います。

OCNモバイルONEの光モバイル割で通信費を節約する

OCN光モバイル割

月3GBデータ+通話プランで2年間継続利用した場合の総ランニングコスト比較

QTモバイルとOCNモバイルONEの2年間の総ランニングコスト(税抜)を比較してみました。
月3GBのデータ通信+090番号での通話プランという同一条件で価格比較しています。

どちらのデータ+090番号での通話プランも最低利用期間が12ヶ月と定められています。
LINEや050番号に代表されるIP電話を使って通話代を節約できるのなら090番号はもう使わないから節約できるでしょ?とお考えの方もいるかと思いますが災害や事故など有事のフリーダイヤルなどでまだまだ需要があるので既存番号はそのまま解約せず持っていた方が得策です。
090番号からしか架電できない番号もまだまだありショートメールSMSも使えたりするので、あくまで有事の際のお守り替わりに。

額面上のランニングコストはQTモバイルに軍配

以下の価格試算表は、データ+通話プランで同じデータ容量、ドコモ回線で比較しています。
OCNモバイルONEはOCN光割引1端末当たり月200円を適用し、さらに050Plusの料金150円を合わせた価格で算出しています。

あくまで基本料金で、通話料は一切加味していない価格ですがQTモバイルの方が初年度割引が効くので数字上はお得です。

QTモバイルデータ+通話コース(3GB/月) OCNモバイルONE110MB/日コース(約3.3GB/月)無料通話アプリ050Plus付
利用開始月〜12ヵ月目まで 11,880円(月額990円) 18,600円(月額1,550円)
13か月目~24ヵ月目まで 18,600円(月額1,550円) 18,600円(月額1,550円)
総ランニングコスト 30,480円 37,200円
1カ月平均 1,270円+通話代 1,550円+通話代

通話アプリがオトクなのは050Plusの割引が効くOCNモバイルONE

続いて、スマホでの通話アプリの価格比較です。
巷の格安SIMがこぞって打ち出している電話かけ放題プランは田舎の両親には明らかに過度で不必要なサービスなので今回は一切加味しない前提条件でアプリを使ったらどうなるのか比較してみました。

「QTモバイル電話アプリ(無料)」と「050Plus(割引で月150円)」の価格を比較してみます。
QTモバイル電話はそのままお使いの携帯番号を使えるサービスで、050Plusはもう1つ050からはじまるIP電話番号を持って2つの番号を使い分けるイメージです。
(※090や080ではじまる携帯番号は緊急時のフリーダイヤルのために保有し続けることをおすすめします。)

050番号同士は通話料無料なのはよく耳にされているかもしれませんが、ここで注目していただきたいのは固定電話への通話料金です。
050Plusの場合、アプリから固定電話に架電した場合3分あたりの価格が9分の1の価格で済んでいます。
まだまだ田舎の親族間では固定電話にかける習慣が根付いていると思いますが、ここまで価格差があるとさすがに050Plusじゃないともったいないなと判断した次第です。

どうしても相手方に090や080,070ではじまる番号を表示させたいといった明確な目的がない限り、050番号をもう1個持つ方がオトクなのがわかります。

QTモバイル電話(利用料無料) 050Plus(OCNモバイル割引で月150円)
アプリ→090,080,070番号 1分当たり30円 1分当たり17.28円
アプリ→050番号 1分当たり30円 無料
アプリ→固定電話 3分当たり90円 3分当たり8.64円

結論:想定通話代も含めたトータルコストでOCNモバイルONEが最善と判断

あくまで私の両親のケースですが、050Plusの050番号を使って通話代を節約してもらえば現状の2台で月7,000円以上の携帯電話代は半額まで抑えられると思います。
QTモバイルでもBBIQ光電話などの固定回線やLINEなど通話アプリを使って安く済ませようと思えば可能ですが、携帯電話から固定電話への通話料は3分90円と普通のキャリア料金と同じ価格のままです。

わざわざ労力かけて既存のキャリアから乗り換えるなら全部まとめて安くしたいですよね。

格安SIMの料金体系はあまりにも複雑すぎてよく分からないという方もいらっしゃるかもしれませんが、ご自身の利用用途をよく見つめなおして何が必要で何が不要なのかをよく取捨選択することが重要です。




我が家の場合

  1. 自宅ではwifi回線でスマホ利用するので、データ容量は節約可能
  2. 050番号同士での無料通話で電話代をできるだけ節約したい
  3. 親族間の固定電話への電話代も下げたい
  4. スマホ端末はすでにあるので、スマホ抱き合わせセット割は不要
  5. OCN光モバイル割を有効活用して毎月の固定費を200円下げたい

といったところがニーズに合致したので2019年にOCNモバイルONEに乗り換えようとおもいます。
BBIQを使っているから、直接スマホ代がセット割引で安くなるわけではないようなので同じように九州在住の方で格安SIMに乗り換えを検討している方はOCNの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

OCNモバイルONEと050Plusでスマホ代を節約する

同世代の共働き夫婦にお役に立てるような日々の子育て・節約実践記を心がけています。マラソン・トライアスロンブログも更新中。
東京都在住の九州人/早稲田。

関連記事一覧

  1. 【毎年1万円節約】自転車保険付!日新火災の賃貸用火災保険を契約。複数の保険を1本化。

  2. 【国が認定】パソコン無料回収リネットジャパン「あんしん宅配回収」とは?気になるデータ消去手順。

  3. 2年縛り無し!OCNモバイルONEを使ったSIMフリーポケットwifiで通信費を節約する手順