【2枚使い】SPGアメックスとソラチカカードでANAマイルを貯める手順

東京在住の陸マイラーにとってソラチカカードは東京メトロに乗るときやLINEポイントからのポイント交換中継基地などまだまだ現役の必須カードですが、プラスしてSPGアメックスカードを利用したらより効率的にマイルを貯めるスピードが加速できました。
ソラチカとSPGアメックスの組み合わせで陸マイラーとしてどこまであがけるかの実録記です。

【時短】なるべくシンプルにマイルを貯めたい方へ。SPGアメックスは100円1.25マイルの還元率

SPGアメックスカードはANAマイラーでもJALマイラーでも簡単にマイルを貯められるカードです。
毎月数十円の手数料が必ず発生するようにリボ払いをする手間もなく、無数のポイントサイトを経由する必要もありません。




【Marriott Bonvoy注意】SPGのポイントは60,000単位で交換しないとANAのボーナスマイルを獲得できません

2018年の改変により100円=3ポイントと見た目のポイント還元率は3倍になりましたが、マイレージ交換レートが良くなったわけでも改悪したわけでもなく等倍なので要注意です。
毎月の公共料金などの支払いをすべてSPGアメックスに寄せるだけでも結構ポイントたまりますが、いちばん注意すべきは60000ポイント毎に交換しないとボーナスマイルがもらえない点です。

2018年7月以前のように20,000ポイントごとに交換していてはボーナスマイルの対象にならないということです。
あえてそういうマイル交換失敗を狙っているのではないかと深読みしてしまうのは私だけでしょうか、誤認してしまう記載の書き方で消費者視点から見るとフェアではありませんね。
これだと巷によくある100円1マイルの普通のカードになってしまいます。

2018年8月以降は60000SPGポイント単位で交換するのが正しい方法です。
ANAの公式ページにも記載されています。

spgポイントをANAマイルに交換

(例)総額200万円分の決済をした場合60,000SPGポイント獲得、ANAマイレージに変えた場合25,000マイル(通常マイル20,000マイル+5,000マイル)獲得。JALマイルも同レート

ざっくりとではありますが、SPGポイント別にANAマイルに交換した際の獲得マイル数をまとめてみました。JALマイルもレートが一緒ですので同じ獲得マイルになる計算です。
だいじなことは何度でもいいますが、60,000SPGポイントごとの交換が必須です。
仮に80,000ポイントあったとしたら60,000ポイントだけマイルに交換して残りの20,000ポイントは保有したままにしておかないと100円1.25マイルは達成できません。

目安決済額SPGポイントANAマイル交換レート
¥333,30010,0003,333100円1マイル
¥666,60020,0006,666100円1マイル
¥1,000,00030,00010,000100円1マイル
¥1,333,30040,00013,333100円1マイル
¥1,666,60050,00016,666100円1マイル
¥2,000,00060,00025,000
(内ボーナス5,000)
100円1.25マイル

ボーナスマイルがつく最低決済額は単純計算日本円で200万円ということになります。
くれぐれも小出しでマイレージに交換しないように注意ですね。

【図解】SPGポイントからANAボーナスマイルの獲得手順

JALマイルも同様のレートで交換手順は同じなのでぜひ参考にしてみてください。
PCの画面上での操作をご紹介します。
まずはamexカード共通の管理画面にログインします。

ポイントの詳細はこちらをクリック

ログイン後、画面中段のアカウントアクティビティをクリックしてください。

アカウントアクティビティをクリック

アクティビティ画面下部のスターウッドプリファードゲスト→ポイントを交換→フライトと進みます。

スターウッドプリファードゲスト下部のポイント交換をクリック

マイル交換先は各航空会社から選べます。私はANAマイラーなので全日空を。JALの場合は日本航空を選択して下さい。
マイレージプログラム会員番号を入力して、マイルに移行するポイント数を入力します。

今回私は120,000ポイント移行の手続きをしました。40,000マイルと表示されているのですが確認したところ別途ボーナスマイル10,000マイルはきちんと付与されるようです。
SPGの60,000ポイントごとにANA5,000マイルがボーナス分として付与される計算です。
ボーナスマイルついてないじゃないかとどうしても不安な方はカスタマーサポートに確認されることをおすすめします。

60000ポイントごとに交換必須

マイル交換への最終確認画面です。

マイルへの交換確認

本人確認メールの仮コードを受け取ってアクティベートする必要があります。
まだまだ完全に日本語にローカライズしていないのか英語で本人確認メールが届きます。
Your Temporary Code Requestという件名なのでもし受信を確認できない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください。

本人確認

これでマイル交換完了です。
お疲れ様でした。

ANAマイル交換完了

マイル交換完了後、以下のようなメールが届きます。
きちんとSPGの120,000ポイントがANA50,000マイルに交換されていますね。
交換手続きから6週間後くらいにマイルとして反映されるとありますが実際は7営業日ほどで反映されていました。
ただ繁忙期など時間がかかる場合もあるので海外旅行などを計画されている方は早め早めのマイル交換手続きがおすすめです。

ボーナスマイル数も記載

一連の流れを図解にてご紹介しましたが、それでもマイレージ交換についてよくわからず失敗したくない場合はSPGサービスデスクに電話してみてもよいかもしれません。
電話番号が変わって 0354236726 になりました。




2019月Marriott Bonvoy変更点。無料宿泊特典で泊まれる日本のホテルはどこ?

Marriott Bonvoyマリオット ボンヴォイ(旧:SPGプログラム)の変更に伴い、カード継続利用時の無料宿泊特典対象ホテルにマリオットリワードホテルとSPGホテルになりました。
いままではホテルカテゴリで泊まれるホテルがわけられていましたが、ピークとオフピーク、標準と繁忙期閑散期など期間ごとに泊まれるホテルが変わる制度に変更されました。
なのでオフピーク(閑散期)だったら今まで無料宿泊特典では泊まれなかったカテゴリ7のホテルにも泊まれるということになります。

参考:日本のMarriott Bonvoyマリオット ボンヴォイ無料宿泊特典対象ホテル一覧(カテゴリ1~7まで)

日本で展開しているホテルブランド(ウェスティン,シェラトン,フォーポイント,トリビュート)は以下に赤字で記載しました。
政令指定都市である福岡に対象ホテルが無いのが少し残念ですが、北海道から沖縄までリゾートホテルに無料宿泊することができます。

2019年2月の無料宿泊対象ホテル制度変更の恩恵を受けるのは海外への出張や旅行が多い方かなといった印象です。子どもがもう少し大きくなったら家族旅行などで大いに活用できそうです。

  • セント レジス ホテル&リゾート
  • ラグジュアリーコレクション
  • Wホテル
  • ル メリディアン
  • ウェスティン ホテル&リゾート
  • シェラトン
  • アロフト ホテル
  • エレメント ホテル
  • フォーポイント・バイ・シェラトン
  • トリビュート・ポートフォリオ
  • Design Hotels

常にマリオットリワードに参加しているホテルは増加していますので、海外に頻繁にいかれる方はSPGアプリをスマホにダウンロードしておくのもよいかもしれません。

参考:SPGアプリとは?

羽田空港他、国内外30の空港ラウンジサービスを同伴家族も無料で使える

旅行に強いアメックスのゴールドカードならではの特典ですが、国内外30もの空港ラウンジを無料で使えます。
同伴者1名と3歳未満の子どもも無料で使えるのはありがたいですね。

参考:SPGアメックスで無料で利用できる空港ラウンジまとめ

羽田エアポートラウンジPOWER LOUNGE

LINEポイント,メトロポイント中継基地としてのソラチカを解約せず、SPGアメックスと2枚使いしてANAマイルを貯める

ソラチカカードは東京メトロ利用者にとっては、乗車ごとに都度メトロポイントが貯まり高還元率でマイルに換えられるのは魅力です。
また2019年現在、LINEポイント→メトロポイント→ANAマイルのポイント交換中継ルート(還元率81%)はまだ健在なので使い方によってはまだまだ現役で行けます。

期間限定ではありますが、FIRE新商品ペットボトルコーヒーを3本買うとLINEポイント100ポイントがもらえるキャンペーンもあったりします。
LINEはキャッシュレス決済の主導権を握るためにこの数年は更に企業間タイアップをしてくることが予想されるためソラチカカードもまだまだ手放せないんです。
首都圏に住んでいないから地下鉄乗らないしメトロポイントを貯める機会はないし。。。と躊躇していた方もLINEポイントからのメトロポイント、さらにANAマイルへの交換基地としてのソラチカ利用価値は大いにあることをお伝えしたいです。

天津甘栗のような味が特徴的なファイア #FIREONEDAYBLACK 9本飲みました。
期間限定キャンペーンマツコシール9枚でLINEポイント300ポイント→メトロポイント270ポイント→ANAマイル243マイル。
SPGアメックスとソラチカ2枚持ちで1000円弱の決済で255マイル。

2枚持ちの賢い使い方としては普段の公共料金やその他固定費をSPGアメックスで決済して、東京メトロ乗車およびポイント交換にソラチカを使うようにしています。
VISAやマスターカードしか使えない時用の予備カードとしてニモカカードも持っていますが、メトロポイント経由のレートには若干及ばない(還元率70%)ので極力使わないようにしており、今現在はソラチカ+SPGアメックスがいいかなという結論に。

またソラチカカードは6月から7月にかけての住民税4分割支払のときに大活躍してくれましたので死蔵カードとして重宝しています。

確かにリボ払いしたり、プラチナカード利用したりすればもっと還元率は上がりますが、そこまでコストと手間暇かけずANAマイルを貯めたい方にはソラチカとSPGアメックスの両刀使いはおすすめです。

SPGアメックスカードは、カードご入会後3ヶ月以内に10万円以上のカードご利用で、30,000ポイントプレゼントキャンペーンを実施しています。

関連記事一覧

  1. 【帰省コスト削減】SPGアメックスでAviosを貯めてJAL特典航空券を利用

  2. 【5つ星】グランデセンターポイントホテルターミナル21はタイバンコク家族旅行におすすめ

  3. 赤ちゃんを飛行機に乗せるときに仮設ベビーベッド(バシネット)を使う方法