【女神のマルシェ】コスパ最高ツインバード通販の掃除機は安くていい

ツインバード掃除機

長男が生まれるタイミングで購入したダイソンv6フィニティーですが、約3年で壊れてしまいました。

買い替えの掃除機を探していたところ、安くて口コミ評価も高いツインバードのサイクロンスティック型クリーナーを発見。購入してみました。



ダイソン掃除機は修理費も高く、コスパが悪かった。

6万円近くもしたのに・・。メンテナンスをしても一向に動く気配がなく、カスタマーセンターに電話したところ修理費用が一律21,600円かかりますと言われて新しい掃除機を買うことにしました。(保証期間も過ぎていました。)

吸引力が他の掃除機よりも強いし、布団ツールでダニ捕りも出来るとのことで高いけど買ったのに、こんなに早く壊れてしまうとは。

我が家では、そこそこ安いものを買って、壊れたら買い換える”消耗品”扱いの方がいいのではないかという結論に。

1万円くらいの手頃な掃除機がないかと探していたところ見つけたのがツインバードのサイクロンスティック型クリーナー。

ツインバード掃除機

ちょうどアマゾンプライムデーに購入したので割引がきいて予算を大幅に下回る3,000円ほどで買えました。

そんなに安くて大丈夫?を覆すツインバード掃除機。

安すぎる掃除機だと、本当にゴミを吸えるのか?なにか問題があるのでは?とはじめ疑ってしまいましたが、ツインバードのスティッククリーナーはアマゾンのクチコミレビュー数が多く、評価が高かったのが購入の決め手です。

3,000円だったら、失敗しても笑って済む額かな、と思ったのも正直なところ。

でも、実際に使ってみると、軽いし、吸引力も十分だし、ゴミも捨てやすいし、収納に場所もとらないしでいい意味で想像以上です!

説明書がペラペラに薄いのもいい

特徴①とにかく軽い

自宅に届いたダンボールを見て思ったのが「ちっちゃ!軽い!」ということ。

こんなにコンパクトで大丈夫?

ダンボールには”ワンルーム向き”と書いてある。たしかにこの値段だとワンルームマンションに済む学生さんとかOLさんのニーズが高いんだろう。

狭いながらも我が家は2LDKだし、子供2人いるスーパー散らかる家庭だけど大丈夫か!?と不安になりましたが、使ってみたら心配ご無用。

正直ダイゾンは重くて使いにくい。短時間ならいいけれど、ガッツリ時間をかけて掃除すると腕が痛くなることもありました。

その点ツインバードは妻の力でもラクラクかけられるくらい軽いのでとにかく簡単。

いい意味でおもちゃのように軽くて扱いやすいのが特徴です。

特徴②コードレスじゃないからパワーがある=吸引力が高い

吸引力は70Wと家庭用なら十分な数値。

ツインバードの他にも2500円くらいの超手頃な掃除機があったのですがそれは吸引力5W。口コミを見ると、案の定「吸えない」という不満が多かったです。

以前はコードレスにこだわっていましたが、(ダイソンを買った理由のひとつでもある)コードがあると電力供給の関係上パワーが強いですね。

1回の掃除でこれだけのゴミが

コード=うっとおしい、というイメージがありましたが、ツインバードのコードは長さも十分だしストレスフリーで掃除できます。

どうして今までこんなにコードレスにこだわっていたんだろう、と思うくらい。

特徴③日本ブランドだからこそ。収納に無駄がない。

一番いいな、と思ったのが掃除機の設計。とにかく無駄がない。

コンパクトなので収納も立てて部屋の端に置いておくだけ。軽いので、万一子どもたちが触って倒したとしてもそこまでの怪我はしないかな、というレベル。

ダイソンだと、倒れてきた場合パーツが大きくて重いので大惨事になる可能性があり、立てて収納はできませんでした。

あと、お気に入りはすき間ノズルを本体にセットしておけるところ。

本体にすき間ノズルを取り付けられる

ダイソンも布団ツールとか隙間ノズルとかパーツがいくつかあるのですが本体そのものに収納機能はなく、バラバラになることが多々ありました。(きちんとしまっておいても、子どもたちが散らかすので)

コードを丸めて本体にかけるのが若干見栄えが悪いと思う方もいるかもしれませんが、うちはそこまで気にならないかな。

コードをまとめて収納

特徴④音もそこそこ静か。うるさくはない。

音はまずまずです。静音性に優れているわけではないけど、特別うるさいわけでもない。

流石に子供がお昼寝をしているときはかけれないけど。ダイソンと比べても同じくらいじゃないかと思います。

簡単な動画を撮ってみました。

我が家は夜に掃除機をかけることはまずないので、このくらいのレベルで十分満足です。

特徴⑤サイクロン式で紙パック不要。フィルターが2個あり衛生的。

ゴミ捨て部分

ダイソンもサイクロン式の紙パック不要タイプでしたが、正直衛生面的にどうかな、と思っていました。

ダイソン購入前は、紙パックを購入したり取り替える手間が無くていいと思っていましたが、ゴミ捨ての際、ホコリや塵が舞うのがどうしても気になるようになり・・。

また、紙パックがないのでゴミを溜めておくところが汚染されてしまい月1回ペースで水洗いしないと汚くなってしまうのも悩みどころでした。

次に掃除機を購入するなら紙パック式がいいと思っていたのですが、ツインバードはサイクロン式。

どうしようかと悩みましたが、値段も安いので消耗品と考え、ある程度汚くなってしまったら買い換えるのも有り、と割り切って購入。

結果、ツインバードはゴミ溜め部分に2つフィルターがついているので、衛生面はダイソンよりもいいように感じます。

2つのフィルターも軽くゴミをはらく

サイクロン式で衛生面を保つポイントはこまめにゴミを破棄すること。

ダイソンのときは満タンになるまでゴミ捨てをしなかったのも汚れてしまった原因だと反省しています。

これからはこまめにゴミを捨てます。

特徴⑥スティック型クリーナーにもなる

ツインバードはスティック型クリーナーとしても使えるので、電源プラグがあれば車内でも使えます。

スティックタイプの2way仕様

溝部分や細かい部分はスティックタイプでピンポイントに掃除するのが便利。

ダイソンよりも軽いくて持ち運びが楽なので、掃除しやすいです。

【まとめ】掃除機は最高品質でなくても、探せば手頃でいい商品もある。

要はちゃんとゴミが吸えればいい。

掃除機=吸引力重視=ダイソンという思いが結構強かったのですが、そもそも高額なのに壊れた時のメンテナンス代も高い。

子供の布団のダニ捕りも目的のひとつでしたが、マメに掃除しないと汚れていく掃除機で布団を掃除するのも気が引けていたし、だったらいっそのことコスパのいい手頃な掃除機を買って、別で布団クリーナーを買ったほうがいいのかな、という結論に。

アイリスオーヤマとかだと1万弱くらいでクリーナーが買えるので、我が家はそれを併用したいと考えています。

電化製品は必ず壊れる。高額なダイソンだから10年は持つかな、と思ったけど壊れてしまった。

消耗品だし、汚れていくものだからこそ、定期的に買い換える方が衛生的だし性にあっているかな、と思います。

コスパのいい掃除機、探してみると結構あります!ツインバードも中々良かったので、わずかでも貴方の掃除機選びの参考になれば幸いです。

関連記事一覧

  1. 無料パソコン回収リネットジャパン「あんしん宅配回収」データ消去は?

  2. 【SNS通信制限無し】LINEラインモバイル田舎の両親と無料ビデオ電話

  3. 九州在住ならQTモバイルとOCNモバイル、どちらの格安SIMを選ぶ?