【法人確定申告】「税理士いらず」「マネーフォワードクラウド会計」で決算費用大幅コスト削減

〈期間限定。確定申告作成ソフト無料配布〉
税理士いらずのソフトを開発されている有限会社アイソフトさんが個人用の確定申告作成ソフトを無料配布しているので参考までにご紹介します。

【無料】個人確定申告作成ソフト

個人事業主やフリーランス、年収2,000万以上の会社員の方は毎年2月になるとやってくる確定申告。

本記事では、法人の確定申告で決算費用を大幅にコストカットして時間短縮もできた方法を私の実体験を元にお伝えできればと思います。

人工知能(AI)の自動学習機能により帳簿作成が楽になる「MFクラウド会計」と、法人決算書・申告書作成までできる「税理士いらず」の2つのソフトが救世主になってくれました。
開業したての資本金1億以下の小規模法人、事務所は1つだけ、税額控除は不要、消費税は税込み経理で処理など色々と縛りがあり全ての法人に有効なわけではないですが、該当する法人さんがうまく使えば自力決算により大幅なコストカットができます。
私も開業当初かなりお世話になりました。

MFクラウド会計で日々の仕訳を自動化して、決算時に税理士いらずにCSVファイルを取り込む

法人や個人事業主の会計に対応したクラウド会計ソフトの「MFクラウド会計」を個人的には利用しています。法人口座やクレジットカード情報を入力しておくと自動的に同期・仕訳の勘定科目候補まで表示してくれるので助かります。
操作感がしっくりくるのとMFクラウド給与という給与計算ソフトが無料で1アカウント分ついているのが決め手でした。
勘定科目についても日々AIが学習して精度が高まっていくので無駄な作業が劇的に減ります。
弥生会計でもfreeeでも代替できますので無料体験をしてみてご自身にあっているものを利用されるのがベストかと。ブラウザベースのソフトなのでOSに関係なくインターネット環境があれば利用できます。

MFクラウド会計を無料お試し

ただいずれも決算書作成,法人税申告までは対応していないのでそこをカバーしてくれるのが「税理士いらず」です。

どのソフトも有料版はCSVファイルでデータを出力できるので、それらを税理士いらず用のCSVフォーマットに適合するように微調整を加えてインポートすることで決算業務がかなり時間短縮できます。

csvファイル

勘定科目名がMFクラウド会計と税理士いらずで微妙に異なっているところもexcelの置換機能を使えばスムーズに調整することができます。

税理士入らずのCSVファイル雛形も参考までにご紹介します。
MFクラウド会計のエクスポートファイルを数か所微調整するだけで問題なく税理士いらずと互換性をもたせることができます。

【参考】税理士いらずのCSVファイルひな形

Macユーザーでもパラレルデスクトップを使えば「税理士いらず」を使える

会計ソフト「税理士いらず」はWindowsパソコンにインストールするタイプのソフトなのでMacユーザーは使えないのでは?という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、実は使えます。

MacユーザーはパラレルデスクトップParallels DesktopやVMware Fusionなどの仮想マシン環境ソフトウェアを使ってMac上でWindows動作させることで利用可能になります。

パラレルデスクトップでMac上でWindowsを実行

アップルのBoot Campのように都度OSを再起動するもっさりした作業をする必要がないので、時短でストレス無くWindowsを実行できるようになります。

パラレルス?Parallels Desktop 13 for Mac Box JP

「MFクラウド+税理士いらず」と「決済のみ税理士依頼」、トータルコストを比較

実際にMFクラウド会計と税理士いらずの組み合わせで使った場合と、日々の経理業務は自社で行い、決算のみ税理士法人に依頼する場合(記帳代行,申告書作成,電子申告まで対応。年末調整,源泉徴収税,法定調書合計表等の作成,税務調査立ち合いは別途オプション)の相場費用を比較してみました。

MFクラウド会計×税理士いらず 決算のみ税理士法人
1年目 37,980円(MFクラウド会計ライトプランの場合) 15万~20万
2年目以降 27,180円(ライトプランを継続した場合) 15万~20万

ざっくりとですが、年間で10万ほど費用が変わってきます。
かかる時間と手間暇ですが、どちらも帳簿付けや領収書整理などはしなければならないのでさほど変わらないのが正直なところです。




年末調整の仕方は毎年11月頃に最寄りの税務署で無料講習会を開いており丁寧に手取り足取り教えてくれます。秋口に講習会の案内書類が来るのでチェックしておくとよいかと。

創業後数年間は資金繰りが苦しくなり、日々食いつなぐのに必死になることも多々あるかと思いますが、こういった創意工夫でコスト削減して難局を乗り切ることもできるんです。

【参考】税の情報・申告手続・用紙|国税庁

【創業時の味方】セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは審査期間が短く、JALマイル還元率も高く便利

個人事業主および会社経営者などのビジネスカードとして人気のセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードですが、私も創業当初に初期投資額にレバレッジをかけたかったのと、支払サイトを少しでも長くするのに重宝していました。
審査期間も非常に短く、スムーズにカード利用開始することができます。私の場合は10営業日ほどで手元にカードが来ていました。



また一般的な法人カード・ビジネスカードはマイル還元率が低いのが難点ですが、このセゾンプラチナビジネスAMEXはJALマイルとセゾンカードの永久不滅ポイントがダブルで貯まる仕組みになっているので最大還元率が1.125%まで跳ね上がります。これでマイルを貯めて出張旅費削減にもなっています。

JALマイル還元率1.125%

同世代の共働き夫婦にお役に立てるような日々の子育て・節約実践記を心がけています。マラソン・トライアスロンブログも更新中。
東京都在住の九州人/早稲田。

関連記事一覧

  1. 【国が認定】パソコン無料回収リネットジャパン「あんしん宅配回収」とは?気になるデータ消去手順。

  2. 2年縛り無し!OCNモバイルONEを使ったSIMフリーポケットwifiで通信費を節約する手順

  3. 【毎年1万円節約】自転車保険付!日新火災の賃貸用火災保険を契約。複数の保険を1本化。